プログラミング言語には共通するルールがある

プログラミングとは言葉を使って、
コンピューターに命令する言語のことをいいます。

そのプログラミング言語は、とても沢山の種類があります。

目的によって違ったプログラミングがありますが、
そのプログラミング言語は、言語によってルールが違います。

しかし、どのプログラミング言語にも
共通するような命令の仕方というものがあります。

例えば、ループという命令です。

ループとは、繰り返しを命令するというものです。

例えば、ある文字を表示しなさいという命令があったときに、
この命令を5回繰り返しなさいというような命令をすることができます。

このように、命令の繰り返しをすることで、
命令文を沢山書かなくても済むようになります。

一般的には、ループ、繰り返しの命令は、
forとかwhileというような命令文で書かれます。

他にもプログラミング言語で
共通の概念というものがあります。

例えば、変数というものがあります。

この変数というものは、プログラミングの中で、
ある値を記憶しておきたいときに使うものです。

何かの計算をしたりして、
途中結果をこの変数に入れておくことで、
いつでも途中結果をプログラミングの中で
利用することができるようになります。

難しく感じるかもしれませんが、
やりはじめるといろいろな可能性を感じて楽しくなるものです。

初心者の小学生はもっと簡単な
プログラミング言語からはじめるのですが、
基本的な考え方は共通です。

小学生にもできるプログラミング、千葉市の小学校で流行中スクラッチScratch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です